新型コロナウイルス感染症に関連して

1.まず、いまやること

経営者として今検討することは

・運転資金確保のための融資の相談

・従業員を解雇しないための雇用調整助成金

・今回の場合はテレワーク助成金

などということになると思います

2.どこへ相談(連絡)すればよいのか

(1)本社、事業所の所在する都、県、区市の所轄担当

《東京都》

東京都産業労働局

https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0305_13201.html

23区新型コロナウイルス対策融資支援一覧

https://hojyokin-portal.jp/columns/financing_23wards

《神奈川県》

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/korona.html

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/coronavirus2020/index.html

《千葉県》

https://www.pref.chiba.lg.jp/keisei/singata-koronauirusu-kigyousoudan.html

《埼玉県》

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0801/r020131_shingatakorona.html

(2)政策金融公庫

https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html

(3)メインバンク

いつも融資の件で相談できる銀行がある場合には、担当者にきいてみるとよいでしょう

3.できるだけ早く

相談件数が多いので、予約制になています

できるだけ早く連絡を入れて、とにかく予約をしたほうがよいでしょう

電話もなかなかつながらない場合があります

先週(4月10日)に初めて連絡をして、相談予定が5月7日になった例があります

4.当事務所の業務

当事務所では、通常通りの業務を継続します

ただし、今後の状況によって、お約束させていただいている訪問予定の延期をお願いする場合があります

その際には、ご連絡を差し上げます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA